漢方の知恵袋

婦人病を防ぐ月経不順・月経前症候群・不妊など卵巣ケアで 女性の一生を快適に

関連記事
Coming Soon...

監修:菅沼 栄先生(中医学講師)

月経や妊娠をサポートする卵巣は、女性の身体と密接に関わる大切な器官。年齢とともに変化する卵巣の状態(卵巣年齢)を知り、その働きを健やかに保つよう、積極的なケアを心がけましょう。

 

卵巣を健やかに保ち、いきいきとした人生を

卵巣には、排卵によって月経の周期を整え、妊娠をサポートする、女性ホルモンを分泌する、精神を安定させる、といった働きがあります。

卵巣の働きがもっとも活発になるのは20〜30代。その後40代に入ると少しずつ衰え初め、やがて閉経、更年期を迎えます。バランスの崩れやすいこの時期は心身の不調に悩まされることもありますが、50代に入り女性ホルモンの分泌がなくなると、徐々に心も身体も穏やかな状態に戻ります。

このように、卵巣の働きは女性の一生と深く関わっています。卵巣の主な働きと密接に関わる「血(けつ)」「腎(じん)」の養生を基本に、年齢とともに変化する卵巣を健やかに整えましょう。

 

check!年代別・卵巣ケア

卵巣の状態は、年齢とともに変化します。「卵巣年齢」に合わせたケアで、生涯を元気に、快適に過ごしましょう。

1 成長途中の 10代

気になる症状
憂うつ、イライラ、怒りっぽい、頭痛、食欲不振、摂食障害、下痢または便秘、月経不順月経痛
もっと見る
改善ポイント

初潮を迎えて身体も女性らしく成長する10代は、月経やホルモン分泌のリズムを整える大切な時期。卵巣の機能もこの頃から徐々に活発になります。この時期は、無理なダイエットや思春期特有のストレスで卵巣機能にダメージを与えてしまうことも。

「血(けつ)」と「腎(じん)」を補いながら、ストレスをコントロールする「肝(かん)」の機能を高めるよう心がけましょう。

 
摂り入れたい食材
「肝(かん)」を整える食材:そば、香草類、ハマナスの花茶、ジャスミン、ミント、菊花茶、うこん、春菊 

閉じる

2 卵巣が元気な 20代・30代

気になる症状
月経痛、月経不順、PMS(月経前症候群)、血塊が多い、経血に塊が多くまじる、顔色の黒ずみ、頭痛など身体に痛みが出やすい
もっと見る
改善ポイント

卵巣の血流量がピークを迎え、卵巣の働きがもっとも活発になる時期。ホルモン分泌が盛んで、妊娠や出産に一番適した年齢です。

この時期は、「血(けつ)」と「腎(じん)」を補いながら、血流をスムーズに保つことが大切。妊娠・出産に備えるためにも、冷えやストレス、食事の不摂生などに注意して月経を健やかに保ちましょう。

 
摂り入れたい食材
「血流」をスムーズにする食材: たまねぎ、紅花、よもぎ、黒きくらげ、にんにく、しょうが、シナモン

閉じる

3 卵巣機能が低下する 40代

気になる症状
ほてり、動悸、不安、頭痛、イライラ、落ち込みやすい、不眠(寝つきが悪い、眠りが浅い、目覚めが早い)
もっと見る
改善ポイント

更年期を迎える40代は、ホルモンの分泌量が減り、卵巣の働きも徐々に不安定になります。この時期は心身のバランスを崩しやすく、不眠や不安、ほてりなど、さまざまな不調に悩まされることも。

「血(けつ)」と「腎(じん)」を補いながら、ストレスを発散する「肝(かん)」の機能を高め、この時期をなるべく穏やかに過ごしましょう。身体にこもった熱を冷ますことも大切です。

摂り入れたい食材
更年期に摂りたい食材:あさり、しじみ、あわび、たけのこ
「肝」を整える食材:そば、香草類、ハマナスの花茶、ジャスミン、ミント、菊花茶、うこん、春菊 

閉じる

4 心身が軽くなる 50代以降

気になる症状
腰痛、腰の冷え、足腰が弱くなる、排尿トラブル、物忘れ、むくみ、めまい、耳鳴り
もっと見る
改善ポイント
50代に入ると女性ホルモンの分泌が徐々になくなり、更年期特有の不調も自然と軽くなります。セカンドライフが始まるこの時期は、老化を恐れるのではなく、身体の変化をきちんと理解して不調や病気に備えることが大切。
「血(けつ)」と「腎(じん)」を補いながら、加齢による「血行不良」を改善し、この時期に現れやすい病気(脂質異常症、高血圧、狭心症など)を予防しましょう。
 
摂り入れたい食材
「血行不良」を改善する食材: たまねぎ、紅花、よもぎ、うこん、らっきょう

閉じる

point!毎日の心がけで、女性のカラダを元気に

卵巣は、心身の不調に影響を受けやすいデリケートな器官。卵巣にダメージを与える冷えやストレスなどを、暮らしの中で上手に予防することが大切です。

●冷たいものの飲食は控え、なるべく温かいものを。

●生理中は身体を冷やさないよう注意。特に腰回りを温かく。

●毎日の入浴で、心も身体もリフレッシュ。

●適度な運動や友人とのおしゃべりなど、ストレス発散の工夫を。

 

あなたの体質タイプをチェック

PROFILE

中医学講師/監修 菅沼 栄先生

1975年、中国北京中医薬大学卒業。同大学附属病院に勤務。
1979年、来日。
1980年、神奈川県衛生部勤務。中医学に関する翻訳・通訳を担当。 1982年から、中医学講師として活動。各地の中医薬研究会などで薬局・薬店を対象とした講義を担当し、中医学の普及に務めている。 主な著書に『いかに弁証論治するか』『いかに弁証論治するか・続篇』『漢方方剤ハンドブック』(東洋学術出版)、『東洋医学がやさしく教える食養生』(PHP出版)など。

症状一覧

よくあるお悩み症状
日常の疾患
アレルギー
女性のお悩み
かぜ
春の症状
夏の症状
秋の症状
冬の症状
身体の不調から症状を探す
頭・顔
首・肩
手・足
胸・腹
背中・腰
生殖器・泌尿器・肛門
皮膚
こころ
全身
子ども
その他

CHECK!

まずは、自分の体質タイプを
チェックしよう!あなたの体質はどのタイプ?

同じ症状でも体質が違えば
対策は人それぞれ異なります。
まずは中医学の視点から
あなたの体質タイプを知りましょう。

TYPEA

「元気不足」タイプ
気虚(ききょ)

エネルギーとなる気が不足しています。
疲れやすくカラダがだるい、やる気が出ない、かぜをひきやすいなど、思い当たりませんか?

TYPEB

「イライラ」タイプ
気滞(きたい)

気の巡りが滞っています。
イライラして怒りっぽい、生理不順、お腹が張ってガスがでるなど、思い当たりませんか?

TYPEC

「血液の不足」タイプ
血虚(けっきょ)

カラダの栄養となる血が不足。
冷えやめまい、立ちくらみ、抜け毛、爪が割れやすいなどの悩みはありませんか?

TYPED

「血液ドロドロ」タイプ
瘀血(おけつ)

全身の血の巡りが滞った状態です。
目の下のクマ、シミ、頭痛、がんこな肩こり、つらい生理痛で悩んでいませんか?

TYPEE

「潤い不足」タイプ
陰虚(いんきょ)

カラダの潤いが不足しています。
のぼせ、ほてり、寝汗、肌の乾燥やかゆみ、経血量が少ないなど、気になりませんか?

TYPEF

「ため込み」タイプ
痰湿(たんしつ)

水分代謝が落ちた状態です。
太りやすい、むくみ、ニキビ、一日中眠気が取れないなどで悩んでいませんか?

あなたの体質タイプをチェック

ABOUT

中医学とは

こころとカラダのこと、
ちゃんと知りたい

中医学はあなたの体調・体質に合わせて、つらい症状に対処し、元気とキレイを提案します。私たちは日々様々なストレスにさらされ、気づかないうちにこころもカラダも疲れています。病気ではないけれどなんとなく調子が悪い、改善されない不調がある。そんな方に、中医学の考え方をご紹介します。

漢方を試してみたいけど
不安な方はこちらから

はじめての
漢方相談

まずはあなたの悩みを専門家に
相談してみませんか?

詳細ページ