漢方の知恵袋

経血量「経血量」から体質を知る

関連記事
Coming Soon...

監修:菅沼 栄先生(中医学講師)

健やかな月経を迎えることは、女性のキレイと元気の基本です。「経血の量」から自分の体質や身体の不調を知り、気になる症状があれば積極的に対処しましょう。

経血量の異常も「月経不順」の一つ

「月経不順」は周期の乱れと考えがちですが、「経血量」が多すぎる、少なすぎるといった状態も、月経不順の一つです。正常とされる経血量は、1回の月経で50〜100cc程度(日数は5〜7日)。一般的には2〜3日目に量が多く、4日目以降は少なくなります。個人差はありますが、こうした目安を大きく超えて量が多い・少ないといった場合は、月経に異常があると考えて対処しましょう。

中医学では、経血量の異常は、主に体内の「気(エネルギー)」「血(けつ)」が不足したり、巡りが悪くなったりすることで起こると考えます。また、月経と関係の深い「腎(じん)」や「肝(かん)」の機能低下が原因となることもあります。

check!タイプ別養生法 経血量から不調をチェック!

月経を健やかに保つ基本は、体内の「気」「血」を養い、巡りを良くすること。生理痛やPMS(月経前症候群)などの改善にもつながるので、気になる人は積極的な養生を心がけて。

1 量が多い[月経過多]1 「気の不足」タイプ

気になる症状
・月経過多:経血量が顕著に多い・月経が7日以上続くこともある
・月経の状態:経血の色が淡く、さらっと薄い。
・その他の症状:疲労感、倦怠感、めまい、食欲不振、お腹の張り、軟便、舌の色が淡い、
もっと見る
改善ポイント

経血量が多い人は、月経周期が早くなる(21日以下)ことも多いので要注意。改善せずに放っておくと、月経期間外に「不正出血」を起こしてしまうこともあります。以前と比べて量が極端に増えたときは、子宮筋腫などの可能性もあるので早めに婦人科を受診しましょう。

体内の「気」には、「血(けつ)」を体内に留め、異常な出血を防ぐ働きがありあます。そのため、気が不足すると経血を止める力も弱くなり、量が増えてしまうのです。このタイプは、まず「脾胃(ひい)」、つまり消化吸収の機能を元気に保つこと。栄養をしっかり摂って気を養いましょう。

摂り入れたい食材
・気を養う食材:よもぎ、豆腐、卵、いんげん豆、山芋、じゃがいも、かぼちゃ

閉じる

2 量が多い[月経過多]2 「熱こもり」タイプ

気になる症状
・月経過多  :経血量が顕著に多い。月経が7日以上続くこともある。
・月経の状態 :経血の色が濃く、粘りがある。
・その他の症状:顔色が赤い、口の渇き、イライラ、便秘気味、尿が黄色い、舌の色が紅い
もっと見る
改善ポイント

経血量が多い人は、月経周期が早くなる(21日以下)ことも多いので要注意。改善せずに放っておくと、月経期間外に「不正出血」を起こしてしまうこともあります。以前と比べて量が極端に増えたときは、子宮筋腫などの可能性もあるので早めに婦人科を受診しましょう。

体内に余分な熱がこもると、「血」に熱がこもり血流が早くなります。すると、経血も流出しやすくなり、量が増えてしまうのです。イライラや怒り、脂っこい食事の摂り過ぎなどは、熱の原因となるので要注意です。

 
摂り入れたい食材
・身体の熱を冷ます食材:苦瓜、冬瓜、たけのこ、れんこん、竹の葉、クチナシ茶

閉じる

3 量が多い[月経過多]3 血行不良タイプ

気になる症状
・月経過多  :経血量が顕著に多い。月経が7日以上続くこともある。
・月経の状態 :経血に塊が多く月経痛がある。塊を排出すると月経痛が軽くなる。
・その他の症状:頭痛、肩こり、しびれ、顔色の黒ずみ、舌の色が暗く斑点がある
もっと見る
改善ポイント

経血量が多い人は、月経周期が早くなる(21日以下)ことも多いので要注意。改善せずに放っておくと、月経期間外に「不正出血」を起こしてしまうこともあります。以前と比べて量が極端に増えたときは、子宮筋腫などの可能性もあるので早めに婦人科を受診しましょう。

中医学で「瘀血(おけつ)」といわれる血行不良は「月経過少」の原因にもなりますが、血流が悪化して子宮内膜などに古い「血」が停滞すると、滞った血が月経時に排出されて経血量が増えてしまうことも。子宮筋腫などによる「月経過多」もこのタイプにあたるので、不安がある人は早めの受診を。

 
摂り入れたい食材
・血流を良くする食材:フェンネル、よもぎ、シナモン、サフラン、にら、ねぎ

閉じる

4 量が少ない[月経過少]1 「血不足」タイプ

気になる症状
・月経過少  :経血量が顕著に少ない。月経が2〜3日で終わる。
・月経の状態 :経血の色が淡く、さらっと薄い。
・その他の症状:めまい、不眠、動悸、眼精疲労、脱毛、顔色が白い、舌の色が淡い
もっと見る
改善ポイント

経血量が少ない人は、月経周期も長くなる(35日以上)場合が少なくありません。こうした状態を放っておくと、「無月経」や「閉経」につながることも。また、少ない経血がダラダラと続く場合は「無排卵月経」の可能性もあるので、早めに対処しましょう。

月経の基本となる「血」が不足していると、経血量も少なくなってしまいます。貧血、慢性的な病気、過度なダイエットなどは血不足につながるので要注意。食事や睡眠を十分に取って、血をしっかり養いましょう。

 
摂り入れたい食材
・血を養う食材:黒ごま、レバー、かつお、ほうれん草、ナツメ、クコの実、黒糖

閉じる

5 量が少ない[月経過少]2 「血(けつ)の冷え」タイプ

気になる症状
・月経過少:経血量が顕著に少ない。月経が2〜3日で終わる。
・月経の状態:経血の色が黒っぽく塊が多い。生理痛がある。
・その他の症状:頭痛、肩こり、冷え、手足のしびれ、顔色の黒ずみ、舌の色が暗い
もっと見る
改善ポイント

経血量が少ない人は、月経周期も長くなる(35日以上)場合が少なくありません。こうした状態を放っておくと、「無月経」や「閉経」につながることも。また、少ない経血がダラダラと続く場合は「無排卵月経」の可能性もあるので、早めに対処しましょう。

寒さや冷房などで「血」が冷えると、血行不良を起こして経血がスムーズに排泄されず、経血量が減る、月経周期が長くなるといった不調につながります。温かい食事や毎日の入浴などを心がけ、日頃から身体を温める習慣を。

 
 
摂り入れたい食材
・温めて血行をよくする食材:紅花、よもぎ、シナモン、黒糖、しょうが、玉ねぎ

閉じる

6 量が少ない[月経過少]3 「ストレス」タイプ

気になる症状
・月経過少  :経血量が顕著に少ない。月経が2〜3日で終わる。
・月経の状態 :塊が出やすい。生理痛がある。PMS(月経前症候群)の症状が強い。
・その他の症状:ため息が多い。緊張しやすい。イライラしやすい。舌に暗い斑点がある。
もっと見る
改善ポイント

経血量が少ない人は、月経周期も長くなる(35日以上)場合が少なくありません。こうした状態を放っておくと、「無月経」や「閉経」につながることも。また、少ない経血がダラダラと続く場合は「無排卵月経」の可能性もあるので、早めに対処しましょう。

「肝(かん)」は「血(けつ)」を蓄え、身体に送る血量を調節しています。そのため、ストレスで肝の機能が低下すると、経血量に影響してしまうことも。また、過度なストレスは気・血の流れを悪くするため、血行不良から経血量が減少することもあります。

摂り入れたい食材
・ストレスの発散をたすける食材:ミント、ジャスミン、菊花茶、金針菜、黒きくらげ

閉じる

7 量が少ない[月経過少]4 「腎の虚弱」タイプ

気になる症状
・月経過少 :経血量が顕著に少ない。月経が2〜3日で終わる。
・月経の状態:経血がさらっと薄い。
・その他の症:腰痛、足腰の脱力感、かかとの痛み、めまい、物忘れ、頻尿、舌の色が淡い
もっと見る
改善ポイント

経血量が少ない人は、月経周期も長くなる(35日以上)場合が少なくありません。こうした状態を放っておくと、「無月経」や「閉経」につながることも。また、少ない経血がダラダラと続く場合は「無排卵月経」の可能性もあるので、早めに対処しましょう。

「腎(じん)」は生命エネルギーの源「精(’せい)」を蓄え、生殖(月経や排卵)と深く関わる臓器。また、腎が蓄える精は、「血(けつ)」を生む源にもなります。そのため、加齢や婦人科の病気などで腎の精が不足すると、経血にも影響して量が減少してしまいます。

 
摂り入れたい食材
・温めて血行をよくする食材:紅花、よもぎ、シナモン、黒糖、しょうが、玉ねぎ

閉じる

point!暮らしの養生

●なるべく温かい飲み物・食事を摂り、冷えない工夫を

●レバーやひじき、黒ごまなど、食材は血を養う「黒」を意識して

●月経時は身体を冷やさない服装を。裸足は避け、腰まわりは特に温かく

●おしゃべりを楽しんで、よく笑って!ストレス発散も大切です

あなたの体質タイプをチェック

PROFILE

中医学講師/監修 菅沼 栄先生

1975年、中国北京中医薬大学卒業。同大学附属病院に勤務。
1979年、来日。
1980年、神奈川県衛生部勤務。中医学に関する翻訳・通訳を担当。 1982年から、中医学講師として活動。各地の中医薬研究会などで薬局・薬店を対象とした講義を担当し、中医学の普及に務めている。 主な著書に『いかに弁証論治するか』『いかに弁証論治するか・続篇』『漢方方剤ハンドブック』(東洋学術出版)、『東洋医学がやさしく教える食養生』(PHP出版)など。

症状一覧

よくあるお悩み症状
日常の疾患
アレルギー
女性のお悩み
かぜ
春の症状
夏の症状
秋の症状
冬の症状
身体の不調から症状を探す
頭・顔
首・肩
手・足
胸・腹
背中・腰
生殖器・泌尿器・肛門
皮膚
こころ
全身
子ども
その他

CHECK!

まずは、自分の体質タイプを
チェックしよう!あなたの体質はどのタイプ?

同じ症状でも体質が違えば
対策は人それぞれ異なります。
まずは中医学の視点から
あなたの体質タイプを知りましょう。

TYPEA

「元気不足」タイプ
気虚(ききょ)

エネルギーとなる気が不足しています。
疲れやすくカラダがだるい、やる気が出ない、かぜをひきやすいなど、思い当たりませんか?

TYPEB

「イライラ」タイプ
気滞(きたい)

気の巡りが滞っています。
イライラして怒りっぽい、生理不順、お腹が張ってガスがでるなど、思い当たりませんか?

TYPEC

「血液の不足」タイプ
血虚(けっきょ)

カラダの栄養となる血が不足。
冷えやめまい、立ちくらみ、抜け毛、爪が割れやすいなどの悩みはありませんか?

TYPED

「血液ドロドロ」タイプ
瘀血(おけつ)

全身の血の巡りが滞った状態です。
目の下のクマ、シミ、頭痛、がんこな肩こり、つらい生理痛で悩んでいませんか?

TYPEE

「潤い不足」タイプ
陰虚(いんきょ)

カラダの潤いが不足しています。
のぼせ、ほてり、寝汗、肌の乾燥やかゆみ、経血量が少ないなど、気になりませんか?

TYPEF

「ため込み」タイプ
痰湿(たんしつ)

水分代謝が落ちた状態です。
太りやすい、むくみ、ニキビ、一日中眠気が取れないなどで悩んでいませんか?

あなたの体質タイプをチェック

ABOUT

中医学とは

こころとカラダのこと、
ちゃんと知りたい

中医学はあなたの体調・体質に合わせて、つらい症状に対処し、元気とキレイを提案します。私たちは日々様々なストレスにさらされ、気づかないうちにこころもカラダも疲れています。病気ではないけれどなんとなく調子が悪い、改善されない不調がある。そんな方に、中医学の考え方をご紹介します。

漢方を試してみたいけど
不安な方はこちらから

はじめての
漢方相談

まずはあなたの悩みを専門家に
相談してみませんか?

詳細ページ