漢方の知恵袋

月経後期・月経過少"月経の量が少なくなるタイプ"の症状と対処方法

監修:菅沼 栄先生(中医学講師)

毎月の生理はなんとなくわずらわしいものと思いがちですが、“少なくてラク”ということはありません。月経が正常に来ない=体の不調のサインと考え、きちんと改善することが大切です。
女性にとって、月経は健康のバロメーター。小さな不調でも放置せず、きちんと体質を整えて健やかな月経を迎えましょう。

どんな症状?「月経後期」と「月経過少」

月経後期と月経過少は、いずれも“月経の量が少なくなる”タイプの不調です。
中医学で考える正常な月経周期は「28日」が基本です。多少ずれても28日の前後7日以内(21〜35日)であれば正常の範囲と捉えます。この範囲より遅く月経が来る状態が3回以上続く場合は、「月経後期」と考えましょう。
また、経血量が極端に少なく、ナプキンがほぼ必要ないほどの出血しかない「月経過少」、月経が2日程度で終わってしまう「過短月経」などの症状もあります。

こうした不調を抱えている人は、月経があっても排卵がない「無排卵月経」になっていることも少なくありません。そのまま放置していると「無月経」になり、不妊につながる心配も。気になる人は排卵の有無をチェックして、早めに改善するよう心がけましょう。

check!タイプ別・「月経後期」「月経過少」の対処法

中医学では、月経が少ない、経血量が少ない、といった不調は、慢性的な「気血の不足」、血や排卵の状態と関わる「肝腎の虚弱」、肝の不調を招く「ストレス」、冷えによる「血行不良」などが主な要因と考えます。

1 冷えが強い月経後期・月経過少の 「瘀血(おけつ)」(血行不良)タイプ

気になる症状
冷えが強い、頭痛、月経痛、経血の色が暗い、経血に塊がある、顔色の黒ずみ、しみ、手足のしびれ、むくみ、太り気味、舌の色が暗い・瘀斑瘀点(黒いしみや点)がある
※子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、静脈瘤などがある人はこのタイプを参考に
もっと見る
改善ポイント
健やかな月経を保つためには、「血(けつ)」の巡りをスムーズに保つことが大切。ところが、体が冷えると血流が悪化し、血と一緒に流れる「水」も滞りがちに。その結果、経血が停滞し、月経後期、月経過少などのトラブルを起こしやすくなるのです。
養生の基本は、体をしっかり温めて血流を良くすること。温かい飲食、適度な運動、毎日の入浴などを心がけ、体を冷えから守る習慣をつけましょう。また、停滞した水分を取り除き、巡りを良くすることもポイントです。
摂り入れたい食材
血流を促し、停滞した水分を取り除く:
よもぎ、しょうが、シナモン、たまねぎ、長ねぎ、黒きくらげ、黒豆、黒糖、なす、あずき、紅花、桃仁、サフラン、うこん、はと麦 など

閉じる

2 気の巡りが悪い月経後期・月経過少の 「ストレス」タイプ

気になる症状
憂うつ、イライラ、怒りっぽい、胸苦しい、のどの詰まり、ため息が多い、緊張しやすい、偏頭痛、肩こり、胃痛、お腹の張り、乳房の張り、口の苦味、舌辺が紅い
もっと見る
改善ポイント
「肝(かん)」(肝臓)は「血(けつ)」を貯蔵し、「気」(エネルギー)の巡りをコントロールする臓器。月経周期や経血量の状態とも密接に関わっています。
ところが、過剰なストレスを受けて肝の機能が低下すると、気の巡りが滞りがちに。すると、気と一緒に流れる血の巡りも滞り、経血の停滞(月経後期、月経過少などの症状)を招いてしまうのです。
イライラしがちなこのタイプは、PMS(月経前症候群)などの症状も強く出やすいので気をつけて。気持ちをリラックスさせて肝の負担を減らし、気の巡りをスムーズに保つよう心がけましょう。
摂り入れたい食材
ストレスを発散させ、気の巡りを良く:
そば、陳皮(乾燥させたみかんの皮)、ジャスミン、菊花、ミント、うこん、三つ葉、しそ、たけのこ、春菊、金針菜(きんしんさい)、グリーンピース、イシモチ、カレイ、わかめ、あさり、酢、レモン など

閉じる

3 生命力が弱い月経後期・月経過少の 「肝腎虚弱(かんじんきょじゃく)」タイプ

気になる症状
物忘れ、耳鳴り、白髪、脱毛、爪が弱い、四肢の冷え、腰がだるい、無力感、夜間頻尿、むくみ、不妊症、舌が白い(腎の虚弱)、舌が紅い(肝の虚弱)、舌苔が少ない
もっと見る
改善ポイント
「肝(かん)」(肝臓)は「血(けつ)」を貯蔵し、月経時の血量を調節する働きがあります。また、「腎」は生命エネルギーの源「精」を蓄え、ホルモン分泌や排卵と深く関わる臓器。そのため、肝と腎の働きが低下すると、ホルモン分泌や排卵の乱れ、血不足などを招き、月経トラブルを起こしやすくなるのです。 
肝・腎を強くして血を十分養うためには、二つの臓器を一緒にケアすることが大切(肝腎同源・精血同源)。長期にわたる月経後期や月経過少、無排卵月経、無月経などの不調がある人は、特に意識して肝と腎の働きを高めるよう心がけましょう。
摂り入れたい食材
肝・腎を養い、機能を高める:
くるみ、松の実、クコの実、山芋、銀杏、もち米、牡蠣、えび、にら、羊肉、シナモン、しょうが、よもぎ、なまこ、海藻類、黒豆、黒ごま、黒きくらげ など

閉じる

4 疲れやすい月経後期・月経過少の 「気血不足」タイプ

気になる症状
疲労感、倦怠感、息切れ、めまい、動悸、不眠、かぜを引きやすい、汗が多い、食欲不振、軟便・下痢、痩せ、冷え、脱毛、顔色が白いまたは黄色い、舌の色が淡い
もっと見る
改善ポイント
体内の「気」(エネルギー)と「血」は、月経を支える重要な要素。血は月経の基本となり、気は血の生成や血流と深く関わっています。そのため、慢性疾患、胃腸虚弱などの要因で体内の気・血が不足していると、月経の頻度や経血量が少なくなり、月経後期、月経過少などのトラブルを招いてしまうのです。
このタイプは、体のエネルギーや栄養が不足しているので“疲れやすい”ことが特徴。まず「脾胃(ひい)」(胃腸)の調子を整えてしっかり栄養を取り、不足しがちな気・血を養うことを心がけましょう。
摂り入れたい食材
甘み・温性の食材で気・血を養う:
米、大豆、いんげん豆、かぼちゃ、にんじん、じゃがいも、ほうれん草、きのこ類、黒ごま、ぶどう、肉類、卵、レバー、かつお、鮭 、なつめ、クコの実

閉じる

point!暮らしのポイント

・冷えは大敵。日頃から温かい食事や飲み物を心がけて
・生理中は冷えない服装を。特に腰回りを暖かく
・季節を問わず入浴を習慣に。身体が温まり心もリフレッシュ
・日々のストレスは、溜め込まずこまめに発散を
 
 
月刊誌『チャイナビュー』(イスクラ産業発行)より掲載

あなたの体質タイプをチェック

PROFILE

中医学講師/監修 菅沼 栄先生

1975年、中国北京中医薬大学卒業。同大学附属病院に勤務。
1979年、来日。
1980年、神奈川県衛生部勤務。中医学に関する翻訳・通訳を担当。 1982年から、中医学講師として活動。各地の中医薬研究会などで薬局・薬店を対象とした講義を担当し、中医学の普及に務めている。 主な著書に『いかに弁証論治するか』『いかに弁証論治するか・続篇』『漢方方剤ハンドブック』(東洋学術出版)、『東洋医学がやさしく教える食養生』(PHP出版)など。

症状一覧

よくあるお悩み症状
日常の疾患
アレルギー
女性のお悩み
かぜ
春の症状
夏の症状
秋の症状
冬の症状
身体の不調から症状を探す
頭・顔
首・肩
手・足
胸・腹
背中・腰
生殖器・泌尿器・肛門
皮膚
こころ
全身
子ども
その他

CHECK!

まずは、自分の体質タイプを
チェックしよう!あなたの体質はどのタイプ?

同じ症状でも体質が違えば
対策は人それぞれ異なります。
まずは中医学の視点から
あなたの体質タイプを知りましょう。

TYPEA

「元気不足」タイプ
気虚(ききょ)

エネルギーとなる気が不足しています。
疲れやすくカラダがだるい、やる気が出ない、かぜをひきやすいなど、思い当たりませんか?

TYPEB

「イライラ」タイプ
気滞(きたい)

気の巡りが滞っています。
イライラして怒りっぽい、生理不順、お腹が張ってガスがでるなど、思い当たりませんか?

TYPEC

「血液の不足」タイプ
血虚(けっきょ)

カラダの栄養となる血が不足。
冷えやめまい、立ちくらみ、抜け毛、爪が割れやすいなどの悩みはありませんか?

TYPED

「血液ドロドロ」タイプ
瘀血(おけつ)

全身の血の巡りが滞った状態です。
目の下のクマ、シミ、頭痛、がんこな肩こり、つらい生理痛で悩んでいませんか?

TYPEE

「潤い不足」タイプ
陰虚(いんきょ)

カラダの潤いが不足しています。
のぼせ、ほてり、寝汗、肌の乾燥やかゆみ、経血量が少ないなど、気になりませんか?

TYPEF

「ため込み」タイプ
痰湿(たんしつ)

水分代謝が落ちた状態です。
太りやすい、むくみ、ニキビ、一日中眠気が取れないなどで悩んでいませんか?

あなたの体質タイプをチェック

登録無料!中医学の情報をLINEでお届け!

健康と美容に役立つ季節の中医学情報、体質チェック、友だち限定キャンペーンなどを配信!

ABOUT

中医学とは

こころとカラダのこと、
ちゃんと知りたい

中医学はあなたの体調・体質に合わせて、つらい症状に対処し、元気とキレイを提案します。私たちは日々様々なストレスにさらされ、気づかないうちにこころもカラダも疲れています。病気ではないけれどなんとなく調子が悪い、改善されない不調がある。そんな方に、中医学の考え方をご紹介します。

漢方を試してみたいけど
不安な方はこちらから

はじめての
漢方相談

まずはあなたの悩みを専門家に
相談してみませんか?

詳細ページ