漢方の知恵袋

夏の胃腸トラブル夏の胃腸トラブルを防ぐ

関連記事

監修:菅沼 栄先生(中医学講師)

こんにちは、「COCOKARA中医学」編集部の奥野です。
 
蒸し暑さが続く夏は、胃腸のパワーが落ちやすい季節です。夏バテを起こさないためにも、暑さに負けない体力を養いたいですよね。
 
そのためにこの記事では、中国の伝統医学である中医学をもとに、夏の胃腸トラブル対策を分かりやすく説明します。
それではご紹介します。

冷たいもの、水分の摂り過ぎに注意!

“後天の本”と呼ばれる「脾胃(ひい)」(胃腸)は、飲食物を消化吸収して、生命力の源となる「気」(エネルギー)や「血」を生む大切な臓器。脾胃が健やかに働いて栄養をしっかり摂ることができれば、体内の気血も充実して、体力のある元気な身体を保つことができます。
反対に脾胃の働きが弱くなると、体内の気血は不足しがちに。エネルギーや栄養が身体に十分巡らず、慢性疲労、めまい、貧血、免疫力の低下など、全身のさまざまな不調につながります。

脾胃の不調を招く大きな要因となるのは「食の不摂生」です。この時期、特に気をつけたいのは冷たいものや水分の摂り過ぎなどによる「湿」(余分な水分や汚れ)の停滞。消化吸収を担う「脾(ひ)」は“湿を嫌い、燥を好む”臓器なので、体内に湿が溜まるとその働きが落ちてしまいます。また、暴飲暴食、油っこい食事、激辛料理なども脾胃の負担となるので注意しましょう。

夏は油断しがちな「身体の冷え」も、脾胃の働きを低下させるので気をつけて。過剰な冷房や冷たい飲食などは控え、「陽気」(エネルギー)の消耗を防ぐことが大切です。
また、慢性的な「胃腸虚弱」の人は、夏はいつも以上に脾胃の不調を感じやすくなります。体力も不足しがちで夏バテを起こしやすいので、脾胃を良い状態に保つよう日頃の養生を心がけてください。

脾胃はとても繊細で、小さなトラブルでも食欲が落ちたり、痛みを感じたりと敏感に反応します。不調を慢性化させないためにも脾胃のSOSを見逃さず、早めの対処を心がけましょう。

check!タイプ別・胃腸トラブル対策

元気な脾胃でしっかり栄養を摂ることは健康の基本です。夏の暑さを乗り切るためにも、脾胃の元気を保つよう積極的に養生しましょう。

1 “湿”が溜まる 「食の不摂生」タイプ

気になる症状
吐き気、胃の膨満感、胃のムカつき、げっぷ、下痢、軟便、舌の苔が多い
もっと見る
改善ポイント
【水分は適量を。冷たい飲食は控えめに】
「脾」は“湿を嫌い、燥を好む”という性質があり、「胃」は“冷え”を苦手とする臓器です。ところが、夏は「湿邪(しつじゃ)」(自然界の邪気)が体に侵入しやすく、冷たいものや水分も過剰に摂ってしまいがち。すると、脾胃に負担がかかって機能が落ち、水分をスムーズに処理できなくなってしまいます。その結果、体内に「湿」(余分な水分や汚れ)が溜まってしまうのです。
湿が溜まると脾胃の働きはさらに弱くなり、胃のムカつきや膨満感、下痢などの不調が現れるように。夏の水分補給は大切ですが、飲み過ぎには十分注意しましょう。また、暑くてもなるべく温かい食事、飲み物を心がけることも大切です。
 
【脾胃に負担をかけない食生活を】
暑さで食欲が落ちる夏は、激辛料理などを選びがち。また、夏休みや暑気払いなどで外食の機会も増え、油っこい食事が多くなったり、つい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうことも。こうした食生活を続けていると、脾胃が疲れて食事をしっかり摂れず、夏バテを起こしやすくなってしまいます。また、秋冬になっても疲れを引きずり、かぜを引きやすくなることも。
特に不調を感じていない人も、胃腸トラブルを起こしやすい夏は油断禁物です。脾胃に負担をかけないよう、食生活にしっかり気を配りましょう。
摂り入れたい食材
脾胃の働きを整え、湿を取り除く食材を:
サンザシ、麦芽、カルダモン、梅干し、しそ、陳皮茶(ちんぴちゃ)、はと麦、お焦げ など

閉じる

2 冷房に注意! 「冷え」タイプ

気になる症状
胃痛、腹痛、下痢、お腹の冷え、身体の冷え、顔色が白い
もっと見る
改善ポイント
飲食物を消化吸収する「脾胃」の働きは、体内の「陽気」によって守られています。ところが、夏は過剰な冷房や冷たいものの摂り過ぎなどで、陽気を消耗しがちに。その結果、身体が冷え、脾胃の働きも弱くなって、腹痛や下痢などの不調が起こるのです。
中医学ではこの時期は陽気を養うことを大切にします。こまめなオン・オフで冷房を上手に使う、羽織ものなどで調節する、冷たい飲食は控えるなど、身体を冷やさないよう心がけ、体内の陽気を守りましょう。
摂り入れたい食材
冷えた身体を温めるものを:
しょうが、ねぎ、にんにく、にら、山椒の実、八角、シナモン、ナツメグ、みょうが、フェンネル など

閉じる

3 慢性的な 「胃腸虚弱」タイプ

気になる症状
食欲不振、慢性的な胃腸不調、全身の疲労感、息切れ、めまい、かぜをひきやすい
もっと見る
改善ポイント
不摂生な食生活を続けている人、慢性疾患のある人などは、慢性的に脾胃の働きが弱くなっていることも少なくありません。このタイプは普段から栄養を十分摂ることができないため、体内の「気」「血」が不足しがちに。体力や免疫力も落ちやすく、全身の疲労感、息切れ、めまい、貧血といった不調が起こりやすくなります。
また、脾胃の働きを支える「陽気」も不足してしまうため、食欲不振や消化不良などに悩まされることも。脾胃が弱いまま放っておくと、夏バテしやすく、秋になっても回復しにくいので気をつけて。夏を元気に乗り切るためにも、日頃の養生を大切にして脾胃の働きを整えましょう。
摂り入れたい食材
脾胃の働きを良くして、体力を養う食材を:
白米、もち米、いんげん豆、山芋、じゃがいも、キャベツ、大豆製品、りんご、豚肉 など

閉じる

point!暮らしの養生

・夏でも温かい食事、飲みものを基本に。冷たい飲食は脾胃の大敵です。
・刺身やサラダには、みょうがやしそをたっぷり。薬味で冷えを防ぎます。
・毎日の入浴を心がけ、身体をしっかり温めて冷え予防を。
・夏は食材が傷みやすい時期。少量ずつ用意して新鮮なうちに食べましょう。
・身体をこまめに動かして陽気を巡らせて。脾胃の働きも良くなります。
・スムーズな排尿・排便を保ち、老廃物の排泄を。
 
【3食のポイント】
・朝食:温かく消化の良いもの
・昼食:栄養のあるものをしっかり
・夕食:軽めの食事で脾胃の負担を軽く
食事は1日3食が基本ですが、胃腸の不調を感じたらムリはしないこと。まず脾胃をゆっくり休ませて、調子を整えることが大切です。

あなたの体質タイプをチェック

PROFILE

中医学講師/監修 菅沼 栄先生

1975年、中国北京中医薬大学卒業。同大学附属病院に勤務。
1979年、来日。
1980年、神奈川県衛生部勤務。中医学に関する翻訳・通訳を担当。 1982年から、中医学講師として活動。各地の中医薬研究会などで薬局・薬店を対象とした講義を担当し、中医学の普及に務めている。 主な著書に『いかに弁証論治するか』『いかに弁証論治するか・続篇』『漢方方剤ハンドブック』(東洋学術出版)、『東洋医学がやさしく教える食養生』(PHP出版)など。

症状一覧

よくあるお悩み症状
日常の疾患
アレルギー
女性のお悩み
かぜ
春の症状
夏の症状
秋の症状
冬の症状
身体の不調から症状を探す
頭・顔
首・肩
手・足
胸・腹
背中・腰
生殖器・泌尿器・肛門
皮膚
こころ
全身
子ども
その他

CHECK!

まずは、自分の体質タイプを
チェックしよう!あなたの体質はどのタイプ?

同じ症状でも体質が違えば
対策は人それぞれ異なります。
まずは中医学の視点から
あなたの体質タイプを知りましょう。

TYPEA

「元気不足」タイプ
気虚(ききょ)

エネルギーとなる気が不足しています。
疲れやすくカラダがだるい、やる気が出ない、かぜをひきやすいなど、思い当たりませんか?

TYPEB

「イライラ」タイプ
気滞(きたい)

気の巡りが滞っています。
イライラして怒りっぽい、生理不順、お腹が張ってガスがでるなど、思い当たりませんか?

TYPEC

「血液の不足」タイプ
血虚(けっきょ)

カラダの栄養となる血が不足。
冷えやめまい、立ちくらみ、抜け毛、爪が割れやすいなどの悩みはありませんか?

TYPED

「血液ドロドロ」タイプ
瘀血(おけつ)

全身の血の巡りが滞った状態です。
目の下のクマ、シミ、頭痛、がんこな肩こり、つらい生理痛で悩んでいませんか?

TYPEE

「潤い不足」タイプ
陰虚(いんきょ)

カラダの潤いが不足しています。
のぼせ、ほてり、寝汗、肌の乾燥やかゆみ、経血量が少ないなど、気になりませんか?

TYPEF

「ため込み」タイプ
痰湿(たんしつ)

水分代謝が落ちた状態です。
太りやすい、むくみ、ニキビ、一日中眠気が取れないなどで悩んでいませんか?

あなたの体質タイプをチェック

MEMBER登録募集中!

会員登録で、健康と美容に役立つメルマガ配信、こころとカラダを元気にする耳寄り情報、イベントやクーポンなどメンバー限定企画をお届け!

お名前とメルアドで簡単入力!
登録は無料です♪

会員登録

ABOUT

中医学とは

こころとカラダのこと、
ちゃんと知りたい

中医学はあなたの体調・体質に合わせて、つらい症状に対処し、元気とキレイを提案します。私たちは日々様々なストレスにさらされ、気づかないうちにこころもカラダも疲れています。病気ではないけれどなんとなく調子が悪い、改善されない不調がある。そんな方に、中医学の考え方をご紹介します。

漢方を試してみたいけど
不安な方はこちらから

はじめての
漢方相談

まずはあなたの悩みを専門家に
相談してみませんか?

詳細ページ