漢方の知恵袋

花粉症花粉の季節をラクに過ごすには?花粉症の症状を和らげる方法

関連記事
Coming Soon...

監修:菅沼 栄先生(中医学講師)

こんにちは、「COCOKARA中医学」編集部の柳沢です。

 

あなたは花粉症ですか?花粉症は毎年決まった季節につらい症状が出るので、嫌ですよね。

そして、一方で花粉症は「治らないもの」と諦めていませんか?中国の伝統医学である中医学では、体質を整えることでつらい花粉症の症状を穏やかに改善できます。

 

この記事では、中国の伝統医学である中医学をもとに、花粉症の症状を改善するための方法を分かりやすく説明します。タイプ別にご説明しますので、花粉症のどんな症状が辛いかを念頭におきながら読んでみてくださいね。

春を楽しむためにも、積極的なケアで花粉に負けない体質づくりをめざしましょう。

呼吸器系・消化器系が弱いことが花粉症を招く要因?

花粉症は、自然界の邪気「風邪(ふうじゃ)」が花粉を連れて身体に入り込むことで起こる症状と考えます。身体の抵抗力が足りない体質の人(「気虚(ききょ)」体質と呼びます)は、風邪(ふうじゃ)が侵入しやすく、花粉症の症状も強く出やすいので気をつけて。

特に注意したいのは、呼吸器系が弱い「肺気虚(はいききょ)」、消化器系が弱い「脾気虚(ひききょ)」の人。「肺」の働きが弱くなると、邪気の侵入を防ぐ鼻や皮膚の防衛機能が低下します。その結果、風邪(ふうじゃ)が侵入しやすく、花粉症にかかりやすい状態に。また、消化器系(「脾胃」)が弱くなると水分代謝の悪化を招き、多量の鼻水、鼻づまりといった不調が起こりやすくなります。

check!花粉の季節を乗り切るタイプ別養生法

一口に花粉症といっても、中医学の考え方ではその原因によって症状や養生法もさまざま。4つのタイプの花粉症対策で、つらい季節を少しでも楽に過ごしましょう。

1 かぜに似た 「寒」の花粉症

気になる症状
かぜの初期と似た症状:身体の冷え、顔色も白く、透明で水っぽい鼻水
もっと見る
改善ポイント

「風寒(ふうかん)」という邪気の侵入で起こる「寒」の花粉症は、かぜの初期と似た症状が特徴。身体が冷え、顔色も白く、透明で水っぽい鼻水が出るのが特徴です。口が渇くことはありません。

 

冷えを取り除くことが大切なので、身体を温めるようにしましょう。しそ茶やシナモンティー、こぶしの花のつぼみ(辛夷:しんい)をお茶に入れたハーブティーなど、香りの良いお茶を楽しむのがおすすめです。身体を温めながら花粉を洗い流せるお風呂も効果的なので、ゆっくりお湯につかるようにしてみてください。

摂り入れたい食材
しそ茶、シナモンティー、こぶしの花のつぼみのお茶

閉じる

2 目の充血 「熱」の花粉症

気になる症状
風邪の初期・中期と似た症状:顔色は赤っぽく、黄色く濃い鼻水や痰、口の渇き、目の充血、皮膚の赤み
もっと見る
改善ポイント

「風熱(ふうねつ)」という邪気の侵入で起こる「熱」の花粉症は、風邪の初期・中期と似た症状が現れます。顔色は赤っぽく、黄色く濃い鼻水や痰、口の渇き、目の充血、皮膚の赤みなどの症状が特徴です。

 

熱をとる働きのあるどくだみ茶や、熱っぽさをすっきりさせるミントティー、菊花茶などを飲むようにしてみましょう。また、中医学では、「石持(いしもち)」という名の魚の頭骨内にある魚脳石※を鼻の薬として使用します。魚の身を食べても効果が期待できるので、塩焼きやムニエル、昆布じめなどをメニューに加えてみてはいかがでしょうか。

 

※魚脳石(ぎょのうせき)・・・石持(いしもち)の耳石のことで、平衡感覚器にある固形物で、聴石、平衡石などともいいます。

摂り入れたい食材
どくだみ茶、ミントティー、菊花茶、石持(いしもち)

閉じる

3 まぶたの腫れ 「湿(しつ)」の花粉症

気になる症状
多量の鼻水、まぶたの強い腫れ、食欲不振、舌苔が多い
もっと見る
改善ポイント

栄養分や水分を消化吸収して全身に運ぶのが「脾胃(ひい)」(胃腸)の役割。 「湿」の花粉症は、 脾胃の働きが弱くなり水分をうまく運んで消化することができず 、体内の水分バランスが偏ってしまった状態です。多量の鼻水やまぶたの強い腫れが特徴で、食欲不振や舌苔が多いといった症状も現れます。

 

過剰な水分を取り除くことが大切なので、利水効果があるハトムギ茶や菖蒲(しょうぶ)茶、びわ葉(びわの葉のお茶)を飲んだり、春雨やモヤシ(緑豆)を料理に摂り入れたりと、工夫をしてみてください。

摂り入れたい食材
ハトムギ茶、菖蒲(しょうぶ)茶、春雨、モヤシ

閉じる

4 疲れやすい 「虚(きょ)」の花粉症

気になる症状
疲れやすい、倦怠感、汗が多い、かぜを引きやすい
もっと見る
改善ポイント

「虚」の花粉症は、疲れやすい、倦怠感を感じる、汗が多い、かぜを引きやすい、といった症状が特徴。このタイプの花粉症は長期間にわたることが多いので、体力の消耗にも注意が必要です。憂鬱な気分になったり仕事に集中できなかったり、という状態にもなりやすいので、肺や脾胃を強くして体力を補い、なるべく症状を抑えるように心がけましょう。

 

脾胃を補い水分の巡りを良くする大豆製品(豆腐、湯葉なと)、インゲン豆、黒豆、肺を補う白キクラゲや山芋、体を補う杜仲(とちゅう)茶やクコ茶などを毎日の食事にうまく摂り入れてみてください。

摂り入れたい食材
杜仲(とちゅう)茶、大豆製品(豆腐や湯葉)、インゲン豆、山芋

閉じる

point!体質改善で花粉症は軽くなる

・症状が強く出る花粉の季節だけではなく、症状のない時も根気よく体質の改善を続けていくことが大切です。中医学の対処法では、一般的に3~4年で体質を改善することができるようです。

・肺を強くする呼吸運動

・陽気を増やす運動療法(ウォーキングなど)

・胃に優しい食事(辛いものや油っこいもの、甘いもの、乳製品を少なめに、野菜を多めにとる)

 

・ツボ療法、花粉症に効くツボ

上迎香(じょうげいこう):迎香(げいこう)から鼻にそって指一本分うえ

迎香(げいこう):小鼻の脇

合谷(ごうこく):差し指と親指の骨が合流する所からやや人差し指寄り

風池(ふうち): 後頭部下、頭を支える太い2本の筋肉のはえぎわ

花粉症に聞くツボはここ!

あなたの体質タイプをチェック

PROFILE

中医学講師/監修 菅沼 栄先生

1975年、中国北京中医薬大学卒業。同大学附属病院に勤務。
1979年、来日。
1980年、神奈川県衛生部勤務。中医学に関する翻訳・通訳を担当。 1982年から、中医学講師として活動。各地の中医薬研究会などで薬局・薬店を対象とした講義を担当し、中医学の普及に務めている。 主な著書に『いかに弁証論治するか』『いかに弁証論治するか・続篇』『漢方方剤ハンドブック』(東洋学術出版)、『東洋医学がやさしく教える食養生』(PHP出版)など。

CHECK!

まずは、自分の体質タイプを
チェックしよう!あなたの体質はどのタイプ?

同じ症状でも体質が違えば
対策は人それぞれ異なります。
まずは中医学の視点から
あなたの体質タイプを知りましょう。

TYPEA

「元気不足」タイプ
気虚(ききょ)

エネルギーとなる気が不足しています。
疲れやすくカラダがだるい、やる気が出ない、かぜをひきやすいなど、思い当たりませんか?

TYPEB

「イライラ」タイプ
気滞(きたい)

気の巡りが滞っています。
イライラして怒りっぽい、生理不順、お腹が張ってガスがでるなど、思い当たりませんか?

TYPEC

「血液の不足」タイプ
血虚(けっきょ)

カラダの栄養となる血が不足。
冷えやめまい、立ちくらみ、抜け毛、爪が割れやすいなどの悩みはありませんか?

TYPED

「血液ドロドロ」タイプ
瘀血(おけつ)

全身の血の巡りが滞った状態です。
目の下のクマ、シミ、頭痛、がんこな肩こり、つらい生理痛で悩んでいませんか?

TYPEE

「潤い不足」タイプ
陰虚(いんきょ)

カラダの潤いが不足しています。
のぼせ、ほてり、寝汗、肌の乾燥やかゆみ、経血量が少ないなど、気になりませんか?

TYPEF

「ため込み」タイプ
痰湿(たんしつ)

水分代謝が落ちた状態です。
太りやすい、むくみ、ニキビ、一日中眠気が取れないなどで悩んでいませんか?

あなたの体質タイプをチェック

ABOUT

中医学とは

こころとカラダのこと、
ちゃんと知りたい

中医学はあなたの体調・体質に合わせて、つらい症状に対処し、元気とキレイを提案します。私たちは日々様々なストレスにさらされ、気づかないうちにこころもカラダも疲れています。病気ではないけれどなんとなく調子が悪い、改善されない不調がある。そんな方に、中医学の考え方をご紹介します。

漢方を試してみたいけど
不安な方はこちらから

はじめての
漢方相談

まずはあなたの悩みを専門家に
相談してみませんか?

詳細ページ