トップページ >

MAGAZINE >

COOKING >

体を潤し元気になる「クコと豚スペアリブの煮物」

COOKING食養生のレシピ

体を潤し元気になる
「クコと豚スペアリブの煮物」

2017.05.09 UPDATE

小さな赤い実が肝と腎を強くして、体と眼をパワーアップ!

クコの実 平性/甘味 肝腎の働きをよくする、眼精疲労・視力を改善、肺を潤す

最近ではスーパーフード「ゴジベリー」として注目されているクコの実。古来より滋養強壮、不老長寿の食べ物として知られています。生薬名を枸杞子(くこし)と言い、多くの漢方薬に使われています。実の他にも根や茎、葉も生薬です。

枸杞の実の働きは肝腎を滋養して機能を高め、筋骨を丈夫にします。また、眼精疲労・視力減退の改善や肺を潤して咳を止める作用もあります。どの体質の方にも合いますが、妊娠中・授乳中の方は摂取を控えましょう。

プリント

クコと豚スペアリブの煮物
RECIPE

5月上旬は二十四節気の立夏(りっか)を迎えます。暦の上では夏が始まります。夏から乾燥する秋にかけては、津液(体の水分)が消耗しやすいので体を潤すことは大切です。

この料理では、クコの実と豚肉の働きで、体を潤してほてりを鎮める、疲労を回復させる、腸内の乾燥による便秘の改善などが期待できます。また、肝(かん)と腎(じん)の潤い不足による腰痛・眼の不調・手足のほてり・口の渇きなどの症状にも適しています。陰虚(いんきょ)タイプ、血虚(けっきょ)タイプの方にもおすすめです。

調理時間60分

材料
【2人分】
スペアリブ……………400g
酒………………………大さじ2
サラダ油………………適量
 
A イスクラ枸杞の原液……大さじ4
 砂糖………………………小さじ2
 しょうゆ…………………大さじ1
 みりん……………………大さじ1・1/3
 水…………………………1カップ
 
かいわれ大根…………適量
クコの実(水戻し)…大さじ1

COOKING

  1. 1スペアリブに酒をかけて、しばらく置く。かいわれ大根は根を落とす。
  2. 2フライパンに薄くサラダ油を敷いて①のスペアリブを強火で焼き、表面全体に軽く焼き色を付ける。
  3. 3鍋にAの調味料入れて煮立たせたところに②の肉を加えて中火で煮る。沸騰したら弱火にし、落とし蓋をして40分ほど煮込む。
  4. 4器に盛り付け、水気をきったクコの実を散らし、かいわれ大根を添える。

料理のポイント

  • point! 乾燥のクコの実より果汁の方が体内の熱を冷ます働きが強いので、今回は果汁を使いました。果汁が無い場合はクコの実大さじ1+水大さじ3に置き換えてください。

PROFILE

管理栄養士・国際薬膳師鈴木 理恵

イスクラ産業で製品開発および薬膳関連の仕事に従事。日本食糧新聞社百菜元気新聞への薬膳レシピ掲載、西洋フード・コンパスグループ(株)への薬膳メニュー提供など。身近な食材で簡単に作れる体と心によいレシピを提案している。

MEMBER会員登録募集中!

会員登録で、健康と美容に役立つメルマガ配信、こころとカラダを元気にする耳寄り情報、イベントやクーポンなどメンバー限定企画をお届け!

お名前とメルアドで簡単入力!
登録は無料です♪

会員登録