トップページ >

MAGAZINE >

COOKING >

発熱や喉の渇きをともなう時におすすめ「白菜と豆腐のとろみあん」

COOKING食養生のレシピ

発熱や喉の渇きをともなう時におすすめ
「白菜と豆腐のとろみあん」

2018.01.23 UPDATE

【難易度:★☆☆】
白菜は熱を冷まし喉の渇きを改善します。

白菜 平性/甘味 発熱、喉の渇き、むくみ、便秘、二日酔い など

白菜は「胃」「大腸」「膀胱」を元気にしてくれます。
白菜の大部分は水分で、食性では平性に属していますが、身体にこもった熱を冷まし、喉の渇きを改善します。
胃腸の調子を整えて食物の滞りや水滞を取り除くので、胃もたれやおなかの張り、口が渇いて胃のあたりがすっきりしない時に有効です。むくみや二日酔いの解消にも良いとされています。
ビタミンCが多いので、風邪の予防、免疫力アップにもおすすめです。
胃腸が弱く冷える方は、漬物などの生食は食べ過ぎないようにしてください。

プリント

白菜と豆腐のとろみあん
RECIPE

風邪をひいて発熱した身体は、免疫細胞がウイルスなどの外邪と戦うために熱生産を上げ、体温を高く設定することによって自然治癒力を発揮していきます。体温上昇のピークが過ぎると、汗が出て体内の熱を外に逃がします。
風邪で体力や気力が消耗している時は、消化がよく、発熱や発汗で失った「気」(エネルギー)と「陰(いん)」(潤い)を補う食材を選ぶと良いでしょう。

今回は水分が多く、胃腸の働きを整え、発熱、喉の渇きを改善する白菜に合わせて豆腐を使います。
豆腐も身体に潤いをもたらし、身体の余分な熱をとる食材です。
旨味として、蟹と干ししいたけを使いました。蟹は血液を浄化し、身体の余分な熱を取り除きます。
冷やしすぎないよう、しょうがを加えてバランスをとります。

食欲がないときはゆずの皮をのせましょう。香りによって食欲を増進させるだけでなく、胃を丈夫にし、気の流れを良くします。
体力が低下しているときには、消化の良いものをよく噛んで腹八分目がおすすめです。

調理時間20分

材料
【2人分】
白菜……………2〜3枚
干ししいたけ…5g(大1枚)
豆腐……………1丁
蟹缶……………1缶
しょうが………1片
水………………1カップ
酒………………大さじ1
みりん…………小さじ1
塩………………小さじ1/2
しょうゆ………小1/2
片栗粉…………大さじ1
ごま油…………小さじ1
ゆずの皮………適量

COOKING

  1. 1白菜を茎と葉に切り分け、茎は一口大にそぎ切り、葉は4cm幅に切る。
  2. 2干ししいたけをさっと洗い、ぬるま湯で戻して千切りにする。豆腐は一口大に切る。しょうがは千切りにする。
  3. 3鍋に水、酒、みりん、塩、しょうゆを入れて混ぜ、しょうが、白菜の芯、豆腐を入れ中火で5分煮る。
  4. 4③に葉の部分と戻したしいたけを加え、葉がしんなりしたら、水溶き片栗粉を回し入れとろみをつける。
  5. 5ごま油を回し入れ、器に盛り付けた後、小さく切ったゆずの皮を散らす。

料理のポイント

  • point! 水を多めに加えてスープ仕立てにしても身体が温まります。汗を出しやすくして体表の病邪を追い出しましょう。

PROFILE

国際中医薬膳師矢留 江里子 先生

矢留 江里子(やとめ えりこ)国際中医薬膳師。
登録販売者。フードコーディネーター。食空間コーディネーター。NPO日本食育インストラクター。
北京中医薬大学日本校卒業。自然療法の料理教室の課程を修了。企業のイベントなどで薬膳講師を務める。
心も身体も美しく健やかになれる薬膳レシピを提案。

MEMBER会員登録募集中!

会員登録で、健康と美容に役立つメルマガ配信、こころとカラダを元気にする耳寄り情報、イベントやクーポンなどメンバー限定企画をお届け!

お名前とメルアドで簡単入力!
登録は無料です♪

会員登録