漢方の知恵袋

口内炎「口内炎」を繰り返さない!

関連記事
Coming Soon...

監修:菅沼 栄先生(中医学講師)

繰り返しがちな口内炎を予防するためには、体質を見直して根本から改善することがとても大切です。あきらめていた人も、積極的なケアで体質を整え、口内炎の再発を防ぎましょう。

体内の「熱」が口内炎の原因に

中医学では、口内炎の主な原因を体内の「熱」と考えます。「実証」体質の人は、体内に余分な熱が溜まっているタイプ。口の状態と関わりの深い「心(しん)」や「脾胃(ひい)」(胃腸)に過剰な熱が溜まることで、口内炎が現れます。一方「虚証」体質の人は、潤い不足が不足しているタイプ。熱を冷ますことができず、体内に熱がこもって口内炎を引き起こします。その他、体内の「気(エネルギー)」が不足して免疫力が落ちていると、邪気(風邪、熱邪など)の侵入を受けて熱がこもり、口内炎につながることも。

口内炎になりやすい人は、まず自分の身体を見直すことが大切。体質を整えて根本から原因を改善し、繰り返しがちな症状を防ぎましょう。

check!“繰り返し”を防ぐ! 体質別「口内炎」対策

口内炎は体内の不調の現れ。体質を整えて根本の原因を改善すれば、再発の予防につながります。症状が重い場合は病気などが隠れていることもあるので、気になる人は早めに医師の診察を受けましょう。

1 熱がこもる【実証タイプ】 「心」の熱が過剰な人

気になる症状
赤み・痛みの強い口内炎、舌がヒリヒリする、全身が熱っぽい、顔が赤い、口が渇く、尿の色が濃い、舌の先が紅い、舌の苔が黄色い
もっと見る
改善ポイント

「心(しん)は舌の苗」と言われ、中医学では、舌は「心」の状態から影響を受けると考えます。これは、心の持つ血液循環の働きによるものです。舌には血管が多く集まっているため、心の状態が現れやすいのです。このタイプの口内炎は、外邪(風、熱、乾燥などの邪気)の侵入、過剰なストレス、辛いものの食べ過ぎなどが原因で、心に熱がこもることで起こります。食事の気配りやストレスを溜めない工夫を心がけ、過剰な熱を冷ましましょう。

摂り入れたい食材
身体にこもった熱を冷ます食材:クチナシの花茶、菊茶、竹の葉茶、柿の葉茶、緑茶、あけび、苦瓜、ミント、梨、すいか、大根、柿 
油っこい料理や肉類は食べ過ぎに注意!

閉じる

2 熱がこもる【実証タイプ】 「脾胃」の熱が過剰な人

気になる症状
腫れや痛み、ただれを伴う口内炎、白い潰瘍ができる口内炎、口臭が強い、歯茎が腫れて痛い、口の渇き、便秘、舌が紅い、舌の苔が黄色い
もっと見る
改善ポイント

「脾胃(ひい)」の状態と口には深い関わりがあり、脾胃に不調があると、特に唇の周りや舌の奥に口内炎の症状が現れやすくなります。口内炎を引き起こすのは、脾胃に溜まった「湿(余分な水分や汚れ)」と「「熱」。暴飲暴食、油っこい料理の食べ過ぎ、過度な飲酒といった食の不摂生を続けると、脾胃に湿や熱が溜まって働きが悪くなり、口内炎の症状が現れるのです。このタイプの人は、まず食生活を見直して、脾胃に負担をかけないよう心がけて。溜まってしまった湿や熱は早めに取り除き、脾胃を健やかに保ちましょう。

摂り入れたい食材
湿を取り除き、熱を冷ます食材:どくだみ、はと麦、さんざし、アロエ、しそ、こんにゃく、春雨、寒天、きゅうり、バナナ、いちじく
野菜多めのあっさりした食事を基本に!

閉じる

3 足りない【虚証タイプ】 「気」が足りない人

気になる症状
口内炎が治りにくい・繰り返しやすい、疲労感、倦怠感、息切れ、かぜを引きやすい、顔色が白い、食欲不振、軟便、舌の色が淡く腫れぼったい、舌の苔が白い、舌のふちに歯のあとがつく
もっと見る
改善ポイント

体内の「気(エネルギー)」は、身体の元気や免疫力の基本。気が不足していると、心身の疲労やだるさを感じやすく、免疫力も落ちてしまいます。

このタイプの口内炎は、気の不足で免疫力が低下し、外邪(風、熱、乾燥などの邪気)の侵入を受けやすくなってしまうことが原因。邪気が体内に停滞すると、熱や乾燥の影響で身体の潤いが消耗してしまいます。結果、体内に余分な熱がこもり、口内炎の炎症が起きやすくなるのです。養生のポイントは、気の源となる「肺」「脾胃」の働きを良くすること。十分に栄養を摂り、しっかり呼吸をして、体内の気を養いましょう。

摂り入れたい食材
「気」を養い、元気をつける食材:大豆製品(豆腐、湯葉、納豆など)、いんげん豆、山芋、かぼちゃ、さつまいも、もも、ナツメ、米
温かくて消化の良い食事を。生ものは控えめに!

閉じる

4 足りない【虚証タイプ】 「潤い」が足りない人

気になる症状
赤みが少なく微かに痛む口内炎、口内炎を繰り返す・慢性化しやすい、微熱、痩せている、口の乾燥、虫歯になりやすい、便秘気味、舌が少し紅く苔が少ない
もっと見る
改善ポイント

身体に潤いを与える「津液(しんえき)」や「血(けつ)」が不足していると、体内の熱を冷ますことができず、熱がこもりやすくなってしまいます。この過剰にこもった熱が、口内炎の炎症を引き起こす原因になります。身体の潤いは加齢とともに失われていくため、特に更年期を迎える40歳以降の人は要注意。また、食べても太らない痩せ型の人にも多いので、こうした体質の人は若い人でも注意が必要です。その他、月経や慢性的な疾患が潤い不足の原因になることもあります。日頃から、こまめな水分補給、潤いの多い食材選びなどを心がけ、不足しがちな潤いを積極的に養いましょう。

摂り入れたい食材
潤いを生み、熱を冷ます食材:はちみつ、干し柿の白い粉、クコの実、レモン、トマト、グレープフルーツ、なし、りんご、卵
香辛料は、潤いを消耗するので取り過ぎに注意!

閉じる

point!暮らしの口内炎対策

・熱を助長するもの(辛いもの、揚げ物、肉類、酒など)は控えめに

・食事は“新鮮な野菜たっぷり”を心がけて

・タバコなどの刺激はなるべく避けること

・食後のうがいや歯磨きで、口内を清潔に

・虫歯になったら早めの治療を

・便通を良くすることも大切

 

参考:できてしまった口内炎には、柿や梅干しを塗るのもおすすめ

あなたの体質タイプをチェック

PROFILE

中医学講師/監修 菅沼 栄先生

1975年、中国北京中医薬大学卒業。同大学附属病院に勤務。
1979年、来日。
1980年、神奈川県衛生部勤務。中医学に関する翻訳・通訳を担当。 1982年から、中医学講師として活動。各地の中医薬研究会などで薬局・薬店を対象とした講義を担当し、中医学の普及に務めている。 主な著書に『いかに弁証論治するか』『いかに弁証論治するか・続篇』『漢方方剤ハンドブック』(東洋学術出版)、『東洋医学がやさしく教える食養生』(PHP出版)など。

CHECK!

まずは、自分の体質タイプを
チェックしよう!あなたの体質はどのタイプ?

同じ症状でも体質が違えば
対策は人それぞれ異なります。
まずは中医学の視点から
あなたの体質タイプを知りましょう。

TYPEA

「元気不足」タイプ
気虚(ききょ)

エネルギーとなる気が不足しています。
疲れやすくカラダがだるい、やる気が出ない、かぜをひきやすいなど、思い当たりませんか?

TYPEB

「イライラ」タイプ
気滞(きたい)

気の巡りが滞っています。
イライラして怒りっぽい、生理不順、お腹が張ってガスがでるなど、思い当たりませんか?

TYPEC

「血液の不足」タイプ
血虚(けっきょ)

カラダの栄養となる血が不足。
冷えやめまい、立ちくらみ、抜け毛、爪が割れやすいなどの悩みはありませんか?

TYPED

「血液ドロドロ」タイプ
瘀血(おけつ)

全身の血の巡りが滞った状態です。
目の下のクマ、シミ、頭痛、がんこな肩こり、つらい生理痛で悩んでいませんか?

TYPEE

「潤い不足」タイプ
陰虚(いんきょ)

カラダの潤いが不足しています。
のぼせ、ほてり、寝汗、肌の乾燥やかゆみ、経血量が少ないなど、気になりませんか?

TYPEF

「ため込み」タイプ
痰湿(たんしつ)

水分代謝が落ちた状態です。
太りやすい、むくみ、ニキビ、一日中眠気が取れないなどで悩んでいませんか?

あなたの体質タイプをチェック

ABOUT

中医学とは

こころとカラダのこと、
ちゃんと知りたい

中医学はあなたの体調・体質に合わせて、つらい症状に対処し、元気とキレイを提案します。私たちは日々様々なストレスにさらされ、気づかないうちにこころもカラダも疲れています。病気ではないけれどなんとなく調子が悪い、改善されない不調がある。そんな方に、中医学の考え方をご紹介します。

漢方を試してみたいけど
不安な方はこちらから

はじめての
漢方相談

まずはあなたの悩みを専門家に
相談してみませんか?

詳細ページ