監修:菅沼 栄先生(中医学講師)

こんにちは、「COCOKARA中医学」編集部の松村です。

 

目が疲れてつらいと思っていませんか?

テレビやパソコン、スマートフォンなど、現代の暮らしでは何かと目を酷使しているもの。目の疲れはつらい頭痛や肩こりなどにもつながるので、日頃から目を大切にする習慣を身に付けましょう。

 

この記事では、中国の伝統医学である中医学をもとに、疲れ目の要因と対策を分かりやすく説明します。

 

それではご紹介しましょう。

目の疲れや症状は、「肝(かん)」の不調から

中医学では、目の状態も五臓六腑(ごぞうろっぷ:人間の内蔵全体)と密接に関係していると考えます。特に目と関わりが深いのは、「血(けつ)」の貯蔵庫である五臓の「肝(かん)」。中医学には「肝は目に開く」という言葉があり、これは肝と目に密接な関係があることを示し、肝に蓄えられている血は、目の大切な栄養源となると考えるのです。

 

反対に、目を使うことで体内の血は消耗されていきます。その結果、目を酷使すると血の消耗が激しくなり、目に栄養が行き届かず疲れや痛みなどの症状が現れるのです。

 

また「肝腎同源(かんじんどうげん)」とも言われ、肝と腎は互いの働きをサポートし合う関係にあります。そのため、肝の機能を高めるためには、合わせて腎を強くすることも大切です。

 

check!体質・体調でチェック!タイプ別・目の養生法

同じ目の症状でも、体質や体調によってその原因はそれぞれ異なります。目の疲れや痛み、乾きといった不快感を感じたら、自分の体質やその時の体調などを考えた対応を。ここでは、主に3つのタイプに分けて、その症状と対策をご紹介します。

1 女性は要注意 「肝血虚(かんけっきょ)」タイプ

気になる症状
視力の低下、目の疲労、目の乾燥
もっと見る
改善ポイント

【血の不足が目の疲れの原因に】

 

目の使い過ぎで血(けつ)を消耗したり、月経や出産、病気などで血が必要以上に失われたりすると、肝(かん)に蓄えられる血の量が不足する「肝血虚(かんけっきょ)」の状態に。また、先天的な虚弱体質、ストレスや心身の疲労、胃腸障害、過度なダイエットなども血の不足につながります。

 

血が不足すると目に十分な栄養が行き届かず、視力の低下、目の疲労、乾燥といった症状が現れます。肝血虚の状態になると、目の症状のほか、めまい、手足のしびれや冷え、不眠、顔色にツヤがなくなる、月経の量が少なくなる、髪が乾燥してパサつく、髪が薄くなる、といった症状が見られるので、気になる症状がある人は要注意。特に生理時には強く症状を感じることもあります。

 

このタイプは、まず肝の血を補って機能を高めることが大切です。以下の食材を参考にして、目に十分な栄養を与えるようにしましょう。

摂り入れたい食材
血を養い、目に栄養を与える食材を取り入れましょう。
ぶどう、レーズン、ブルーベリー、くこの実、なつめ、レバー、にんじん、ほうれん草、菊花茶など

閉じる

2 ストレスが溜まった 「肝鬱(かんうつ)」タイプ

気になる症状
目の痛み、目が疲れやすい
もっと見る
改善ポイント

【ストレスやイライラが肝の機能の低下に】

 

ストレスが溜まったり、イライラやうつ気分が続いたりすると、全身に栄養を運んで老廃物を回収する肝(かん)の機能が低下し、気の巡りが滞ってしまいます。その結果、目の痛みや疲れやすさ、視力の低下といった症状が現れます。

 

精神的なストレスが強くなるほど、目の症状も強くなるのが特徴で、目の症状のほか、頭痛や肩こり、イライラ、不眠、不安感、月経痛、月経不順といった症状を伴います。

 

肝鬱タイプの対策は、肝を養い、ストレスを発散することで肝の機能を回復することが基本。ストレスやイライラを感じやすい人は、うまく発散して溜め込まないように心がけましょう。

摂り入れたい食材
ストレスや鬱気分を発散するお茶や涼性※の食材がポイント。
玫瑰花(マイカイカ)のお茶、ジャスミン茶、桑の葉茶、緑茶、ハブ茶、ハッカ、あわび、さざえ、あさりなど

※涼性:からだの熱を冷ます性質

閉じる

3 中高年に多い 「肝腎陰虚(かんじんいんきょ)」タイプ

気になる症状
目の疲労感、飛蚊症、視力低下、目のかすみ、目の症状が長期化する
もっと見る
改善ポイント

【中高年に多い症状。慢性病や老化で腎が弱い】

 

慢性病や老化、長引く肝血虚の状態などが原因で、肝と腎の陰液(体液)が消耗しているタイプ。白内障など目の病気にかかりやすくなり、症状が長期化することもあります。目の疲労感やかすみ、視力の低下など、眼精疲労の症状がはっきりと現れるのも特徴。

 

それに伴って、腰痛や耳鳴り、難聴、物忘れ、手足のほてり、口の渇きといった症状が現れます。肝と腎は「肝腎同源(かんじんどうげん)」といわれるほど密接な関係にあります。五臓の相関関係でみると肝は腎に養われる関係にあり、肝の機能を回復するためには、腎も強くしなければなりません。そのため、肝腎陰虚タイプの対策では、肝と腎、両方の陰液を補いながら、機能を高める必要があります。以下に挙げた食材を上手にとり入れてみてください。

 

また、このタイプは、特に閉経後や50歳以上の中高年に多く見られます。思い当たる症状がある人は、日頃の生活の中で肝腎を整えるよう心がけ、目の働きを高めましょう。

摂り入れたい食材
腎の機能を補い、目に栄養を与える食材を摂るようにしましょう。
ごま、くるみ、松の実、桑の実、山芋、羊のレバー、うなぎの肝など

閉じる

point!目を休め、疲れをやわらげる習慣を

目の疲れや痛み、充血といった症状は、心身が疲れていることを知らせるシグナルです。症状が重くなり頭痛や肩こりなどを引き起こす前に、普段の生活の中で目の疲れをやわらげる習慣を身に付けましょう。 

 

・パソコンのモニターやテレビを見ていて疲れたなと感じたら、目を少し休める。

・ウォーキングやストレッチで適度に運動する。

・アロマオイルの香りでゆったりくつろいだり、心身ともにリラックスする。

・肝の熱を冷まし、目をすっきりさせてくれる「菊花茶」を普段から飲む。

・窓から遠くを見たり、目の血行をよくするツボをマッサージする。(下のイラストをご参照ください)

※ツボの押し方:両手の親指を耳の後ろのくぼみに当てながら、人差し指か中指でイラストにあるツボをマッサージしましょう。各8回くらいずつが目安です。

目の血行をよくするツボをマッサージしましょう

あなたの体質タイプをチェック

PROFILE

中医学講師/監修 菅沼 栄先生

1975年、中国北京中医薬大学卒業。同大学附属病院に勤務。
1979年、来日。
1980年、神奈川県衛生部勤務。中医学に関する翻訳・通訳を担当。 1982年から、中医学講師として活動。各地の中医薬研究会などで薬局・薬店を対象とした講義を担当し、中医学の普及に務めている。 主な著書に『いかに弁証論治するか』『いかに弁証論治するか・続篇』『漢方方剤ハンドブック』(東洋学術出版)、『東洋医学がやさしく教える食養生』(PHP出版)など。

CHECK!

まずは、自分の体質タイプを
チェックしよう!あなたの体質はどのタイプ?

同じ症状でも体質が違えば
対策は人それぞれ異なります。
まずは中医学の視点から
あなたの体質タイプを知りましょう。

TYPEA

「元気不足」タイプ
気虚(ききょ)

エネルギーとなる気が不足しています。
疲れやすくカラダがだるい、やる気が出ない、かぜをひきやすいなど、思い当たりませんか?

TYPEB

「イライラ」タイプ
気滞(きたい)

気の巡りが滞っています。
イライラして怒りっぽい、生理不順、お腹が張ってガスがでるなど、思い当たりませんか?

TYPEC

「血液の不足」タイプ
血虚(けっきょ)

カラダの栄養となる血が不足。
冷えやめまい、立ちくらみ、抜け毛、爪が割れやすいなどの悩みはありませんか?

TYPED

「血液ドロドロ」タイプ
瘀血(おけつ)

全身の血の巡りが滞った状態です。
目の下のクマ、シミ、頭痛、がんこな肩こり、つらい生理痛で悩んでいませんか?

TYPEE

「潤い不足」タイプ
陰虚(いんきょ)

カラダの潤いが不足しています。
のぼせ、ほてり、寝汗、肌の乾燥やかゆみ、経血量が少ないなど、気になりませんか?

TYPEF

「ため込み」タイプ
痰湿(たんしつ)

水分代謝が落ちた状態です。
太りやすい、むくみ、ニキビ、一日中眠気が取れないなどで悩んでいませんか?

あなたの体質タイプをチェック

ABOUT

中医学とは

こころとカラダのこと、
ちゃんと知りたい

中医学はあなたの体調・体質に合わせて、つらい症状に対処し、元気とキレイを提案します。私たちは日々様々なストレスにさらされ、気づかないうちにこころもカラダも疲れています。病気ではないけれどなんとなく調子が悪い、改善されない不調がある。そんな方に、中医学の考え方をご紹介します。

漢方を試してみたいけど
不安な方はこちらから

はじめての
漢方相談

まずはあなたの悩みを専門家に
相談してみませんか?

詳細ページ